“新時代の京の美意識”と触れ合う 「ホテルオークラ京都 岡崎別邸」 待望のオープン

「ホテルオークラ」ブランドとしては約20年ぶりとなる、日本国内での新規ホテル、「ホテルオークラ京都 岡崎別邸」が2022年1月20日(木)に開業した。

ゲストに寄り添うホスピタリティ、そして現代的な京の美と美食に癒される滞在を提案するスモールラグジュアリーホテルだ。

 同ホテルが掲げる“新時代の京の美意識”とは、日本の文化を支えてきた伝統工芸の精神や技術を継承しながらも、新しい可能性を引き出し、先進的な取り組みによって生まれる現代的な美しさ。

 館内には、京都の伝統工芸を担う後継者6人によるプロジェクトユニット「GO ON(ゴオン)」のオールメンバー、京都を拠点に活動する芸術家などのアート作品が設えられ、インテリアやダイニングシーンを通して、現代的な京の美を随所で感じることができる。

 “東山に佇む山荘”をテーマにした客室は、全60室。

北側に位置する客室からは、隣接する「真宗大谷派岡崎別院(東本願寺岡崎別院)」の庭園や東山に広がる豊かな自然の連なりを望むことができる。

 また、西陣織「細尾」が手掛けた“光と揺らぎをまとった湖面”を織物で表現した作品(2部屋)や、書家の川尾朋子氏が空中での筆の動きに着目した作品「呼応」の連作(6部屋)を堪能できる全室バルコニー付きのスイートルームも。

“イノベーティブ・ガストロノミー”をテーマにした、ファインダイニング「ヌーヴェル・エポック」では、オークラフレンチの系譜を引く美食に、京都の四季や食文化を融合させた、その名のとおり“新しい時代”(Nouvelle Epoque)のフランス料理を提供。

 旬の食材をふんだんに使用し、繊細な味わいを表現した料理の数々や、オークラフレンチを代表するスペシャリテに京のエッセンスを取り入れた一品など。総料理長の山下亮一氏の手による、見た目にも美しいメニューは、特別な日のダイニングシーンを華やかに彩ってくれること請け合いだ。

 なお、2022年7月31日(日)までの期間限定で、ギフト付きの開業記念宿泊プランが用意されている。

 京都に新たに誕生した上質な“大人の隠れ家”には、静謐なひとときが待っている。

ホテルオークラ京都 岡崎別邸

所在地 京都市左京区岡崎天王町26-6
電話番号 075-771-5777(代)