飲食業界は外国人雇用が拡大中!?

飲食業界で外国人スタッフと勤務経験がある人に店の業態を聞いたところ、最も多かったのが「バー(24%)」、次いで「居酒屋・ダイニングバー(20%)」「和食(20%)」という結果になりました。病院や介護などの医療機関や一部の業態においてはまだ浸透していないものの、幅広い業態で外国人雇用が行われていることがわかりました。 2019年4月から開始している特定技能ビザはまだ淘汰されておりませんが、必然的に特別技能ビザを持った外国人が増えていくでしょう。 外国人スタッフと一緒に働くことにメリットとして最も多かったのは「異文化の知識向上(49%)」、次いで「外国語を学ぶきっかけ(37%)」「日本人にはない新たなアイデア(28%)」と続きます。グローバル社会にあって、異文化の知識向上にメリットを感じる人は多いようです。  飲食店未経験でも外国人に抵抗がなくある程度のコミュニケーションが取れる人材は今後必要な人材になるのではないでしょうか?

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目