星野リゾート界 長門(山口県長門市)が2020年3月12日に開業

星野リゾート界 長門(山口県長門市)が2020年3月に開業する。

地上4階建ての新ホテルは客室数40室で、1泊2万円台から。別館の10室には露天風呂を完備し、30代から50代までの女性やファミリー層の獲得を目指す。納涼などのために河原に設ける桟敷「川床」も整備するなど、「散策」をテーマに同市と進める老舗温泉街再生の起爆剤にしたい考え。川床に加え、宿泊客以外も利用できるカフェを併設するなど、集客力を高めて温泉街全体の活性化を図る。

武家文化を生かした「御茶屋屋敷」

この度、この取り組みの1つとして「界 長門」に界ブランド初の宿泊者以外が利用できる「あけぼのカフェ」が併設される。このカフェでは、温泉街をそぞろ歩きする時に食べられる「どらやき」を販売。

同社は、2016年1月に長門市より「長門湯本温泉マスタープラン」の策定を受託した。そして、2016年8月にはこのマスタープランをもとに策定された「長門湯本温泉観光まちづくり計画」を発表し、「界 長門」の進出を含め、温泉街そぞろ歩きをコンセプトに地域・民間・公共が連携し、温泉街再生に向けた取り組みを進めている。

「界」は、星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド。「王道なのに、あたらしい。」をテーマに、和の趣や伝統を生かしながら現代のニーズに合わせたおもてなしを追求。また、その地域の伝統文化や工芸を体験する「ご当地楽(ごとうちがく)」や、地域の文化に触れる客室「ご当地部屋」が特徴。

地域ならではの旬の素材

プライベートが保てる半個室の食事処で、地域ならではの旬の素材をいかした会席料理を、意匠を凝らした器とともに楽しめる。山口県はイカの摂取量が全国第二位を誇り、甘みが強く肉厚で柔らかい活イカを先付やお造りで提供する。

また、酢の物・八寸・お造りを一緒に盛り合わせた華やかな宝楽盛りには、萩焼の器と桶を使い意匠を凝らして仕上げる。

【同施設 概要
所在地:山口県長門市深川湯本2229-1
客室数:全40室(本館30室 別館10室)*別館は全室露天風呂付き
付帯設備:ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、あけぼのカフェ
大浴場(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)
料金:1泊 22,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別、夕朝食付)
アクセス:JR新山口駅より車で約60分、山口宇部空港より車で約90分

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン