【2019年】日本で世界で検索されたワードランキング

グーグルは12月11日、今年検索が急上昇したワードをイメージした動画を発表しました。

そのテーマは「ヒーロー」。困難に力強く立ち向かう人々の姿を映し出していて、ユーチューブでは、公開から2週間で8000万回以上再生されています。

2分ほどの動画。

オープニング

「不確実な時代には 世界はヒーローを探し求める」
「2019年は『ヒーロー』に関する検索が急増しました」

片腕でバーベルを上げる障害者アスリート、初めてブラックホールの撮影に成功した研究者、子どもに寄り添う親、ジャンプを決める羽生結弦選手、ノートルダム大聖堂の消火に向かう消防士――。動画には数々の「ヒーロー」たちが登場。

動画はアカデミー賞やエミー賞の受賞歴のある女優ヴィオラ・デイヴィスさんのスピーチで締めくくられます。

日本の急上昇検索ワードベスト3

グーグルは、この動画とは別に、今年検索されたワードのトレンドも国・地域別で発表しています。

日本で2019年に検索数が急上昇したワードの1位だったのは、「台風19号」。10月に関東地方や東北地方を直撃し、甚大な被害を出した。台風や大雨被害に見舞われた1年であったことを象徴する結果となった。

2位につけたのは「令和」。憲政史上初めての譲位に伴う改元で、5月1日から元号が平成から令和へと改まりました。史上初めての国書由来の元号としても注目を集める。

3位は「ラグビーワールドカップ」。日本代表の躍進もあり、日本中を沸かせるイベントとなり、これまでマイナースポーツと見られがちだったラグビー。ワールドカップを通じて新たにファンをひきつけました。

世界のトレンドで1位になったのは

一方で世界のトレンドで1位になったのは、「インド対南アフリカ」。2019年にイングランドとウェールズで開催されたクリケットのワールドカップの注目カードにちなむ検索とみられます。検索された地域でもインドが突出しており、人口13億人を超えるインドの影響力の大きさを示す結果でした。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン