2019年の日本人海外旅行者、初の2000万人超

日本人海外旅行者、初の2000万人超 2019年

日本政府観光局が17日発表した2019年の日本人海外旅行者数の推計値は2008万人で、政府目標を達成し過去最高を更新した。1964年の海外渡航自由化から55年で、初めて2000万人を超えた。

旅行者数は18年の1895万人から5.9%伸び、この10年間で3割増えた。格安航空会社(LCC)の路線数増加やビザなしで訪問できる国の増加が背景にある。

日本人の海外旅行は、海外渡航が自由化された1964年当時はわずか13万人。以降、ジャンボ機の就航による大量輸送時代の流れ、急激な円高やバブル景気などで右肩上がりに上昇し、2000年には1782万人と過去最高を記録した。しかし、それ以降は国際情勢や経済状況の悪化などで増減を繰り返してきた。近年では世界の日本旅行ブームによって訪日客数が急増し、2015年には日本人出国者数と逆転。日本人の海外旅行への減速が指摘されていたものの、近年はLCCなど航空路線拡大などの影響で出国者数は増加傾向が続いていた。55年にわたる日本人の海外旅行の歩みは以下の通り(出典:観光庁)。

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)は2日、JATA会員会社の経営者および旅行担当者を対象に実施した夏休みの人気旅行先についてのアンケート結果を発表した。回答のあった312社の結果をランク分けすると、海外旅行では、タイ、シンガポール、ベトナム、フィリピンの東南アジア4か国がトップ10に入った。

2019年夏休みの人気旅行先トップ10は以下の通り※( )内は昨年順位

1位:ハワイ (2位)
2位:台湾 (1位)
3位:タイ (3位)
4位:シンガポール (5位)
5位:ベトナム (6位)
6位:香港 (7位)
7位:韓国 (4位)
8位:グアム (8位)
9位:イタリア (9位)
10位:中国 (14位)
10位:フィリピン (13位)

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン