べトジェットエア、名古屋・福岡・鹿児島に就航

ベトジェットエアは1月13日、名古屋、福岡、鹿児島とハノイ、ダナン、ホーチミン市を結ぶ新たな5路線の開設をベトナム・ダナン市で発表した。発表会には千人以上の代表者、国会議員、政府、関係者らが参加。2020年中に航空券の販売や運航を開始し、旅行者に経済的で利便性の高い渡航の選択肢を提供する。

ベトジェットエア

発表会にはベトナム側からフォン・ディン・フエ副首相や、日越友好議員連盟会長で自民党幹事長の二階俊博氏らが出席。日本とベトナムの広範囲にわたる戦略的パートナーシップのさらなる強化を図ることや、2020年の目標として、ベトナムへの日本人訪問者数100万人を目指すことなどが話された。

今後、ベトジェットはハノイ、ホーチミン、ダナン、東京、大阪、名古屋、福岡、鹿児島を結ぶ合計10路線を有し、日本とベトナムの観光促進に一層貢献していく。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン