ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜、6月17日開業

ハワイ・オアフ島の名門ホテル「ザ・カハラ」。その名を冠した新たなラグジュアリーホテルが6月17日にオープンする。場所は神奈川県横浜市のみなとみらい地区で、名称は「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」(全146室)。県で初となるラグジュアリーホテルで、宿泊単価は7~8万円を予定する。カハラの海外展開は世界に先駆け日本が初となる。また、隣接する完全会員制のリゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート」(全138室)も同時オープンする。

「ホテルのブランドや、格式だけに捉われずに、ホテルの本質が何かを体感できる文化体験や、サービスを提供する」と同館。江戸時代末期に開港され発展を遂げた横浜には、開港からの歴史が感じられる建造物などが多く残されているが、こういった素材を用いたアクティビティを体感できる数多くのオプショナルツアーを用意する。横浜を開業の場所に選んだ理由もここにある。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン