訪日外国人向け災害時情報提供アプリ「Safety tips」、14ヵ国語に対応開始

訪日外国人向け災害時情報提供アプリ「Safety tips」は17日、14ヵ国語での対応を開始した。

観光庁が監修し、アールシーソリューション株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:栗山章)が開発する訪日外国人向け災害時情報提供アプリ『Safety tips』が、新たにクメール語、ビルマ語、モンゴル語の3言語を追加し、14か国語に対応しました。

これに対応した新しいバージョン3.4.0を、iOS、Android共に3月17日にリリースしました。アプリの設定から言語を切り替えることが可能です。

■ Safety tipsとは

自然災害の多い日本において訪日外国人が安心して過ごせるよう、2014年10月から提供を開始した観光庁監修の訪日外国人向け災害時情報提供アプリです。国内における緊急地震速報及び津波警報、特別警報、噴火速報、熱中症情報、国民保護情報、避難勧告等をプッシュ型で通知できる他、周囲の状況に照らした対応行動を示した対応フローチャートや、周りの人から情報を得るためのコミュニケーションカード、災害時に必要な情報を収集できるリンク集等を提供しています。

【対 応 言 語】

日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、クメール語、ビルマ語、モンゴル語

【対応   OS】iOS 9.0 以降 / Android 5.0 以上

【価     格】無料

■ Safety tips 紹介サイト(アールシーソリューション株式会社)

https://www.rcsc.co.jp/safety

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目