コメダ珈琲がサステナビリティ店舗をオープン 大和証券とコラボ

コメダ珈琲店を展開するコメダは4月に大和証券と共同で東京・吉祥寺に初のサステナビリティ店舗をオープンすると発表しました。 7月上旬オープンを目指す。

店内には SDGs関連情報を検索できるタッチパネルやサステナビリティに関する書籍のほか、「SDGsカード」を設置。「ストロー不要の方は教えてください」などと書かれたカードで、利用客の小さなアクションを促進。

コメダでは、2018年からサステナビリティ活動「“心にもっとくつろぎを” プロジェクト」を実施しており、本店舗もその取り組みのひとつと位置づけられます。

SDGsのゴールは17。特に今回重要視したのはゴール12「つくる責任 つかう責任」。石灰石を使い、木や水の使用量を削減したメニューブックや、廃棄される有田焼のカップを活用した「ステナイ」カップを使用するなど、環境に配慮した店づくりを行います

提供する珈琲もゴール1「貧困をなくそう」とゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」に寄与する商品。2019年10月にリニューアルした「コメダブレンド」を使用しています。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目