今年の宿泊業での特定技能1号は51人

出入国在留管理庁はこのほど、昨年4月に創設された外国人就労の在留資格「特定技能1号」の今年9月末時点の在留外国人数を発表ししました。

現時点での受け入れ対象分野の14業種の合計は前年9月末時点に比べて8550人増の8769人。このうち宿泊業は45人増の51人でした。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン