大きく成功する人が実践する5つの朝の習慣とは?

たいていの人は朝起きるために目覚ましをかけ、起きたらメールやLineを確認しながらパンとコーヒーかごはんと味噌汁からスタートするのでは?しかし成功を収める人たちの朝の習慣は異なることが多いです。

求人、就活ならつぐみWWD

ソフトバンクの創業者である孫正義会長は若いころは「毎日5分、発明アイデアを考えてノートに書く」ということを習慣化していたそうです。そのアイデアの1つが「音声機能付き電子翻訳機」であり、後にシャープで商品化され、電子手帳の原型になったと言われています。

Twitter創始者ジャック・ドーシーは毎朝5時半に起きて、瞑想と6マイルのマラソンを欠かさないそうです。

世界で活躍する経営者はほとんどが例外なく朝が早く、朝の時間帯を有効に使って大切にしています。

研究機関のレポートによれば 朝の脳は論理的な働きが強く夜は感情的に働くようで、ホルモン分泌の関係でドーパミンやアドレナリンが優位に働く朝の時間は認知機能が夜のおよそ4倍あるという。

つまり業務の処理スピードも数倍に跳ね上がり、特にクリエイティブな思考はホルモンバランスの関係上1日の中で最も強く働くそうです。

クリエイティブのApple元CEOスティーブ・ジョブズは生前6時に起床し朝の時間を大切にしていたという話もうなずけます。

また、 Twitter創始者ジャック・ドーシー のように体を動かすことも良い結果を与えるようです。筋力トレーニングを行うとアンドロゲンという男性ホルモンの一種が分泌するのだが、アンドロゲンには判断力や集中力、決断力など仕事に必要な能力を高める作用があるそうです。

つまり朝一で筋トレを行うことにより、能力を底上げした状態から1日をスタートできるということです。

1,トレーニングやマラソンなど体を動かす

成功を収めたリーダーの多くが実践している毎日の習慣が朝の運動です。

女優のグウィネス・パルトローは、毎朝メールを確認した後に運動をしていると語っている。米紙ニューヨーク・タイムズによると、マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツは、朝にランニングマシンで運動しながらDVDを見て学習し、マルチタスクをすることを好んでいます。

ライフスタイルブランド「イクイノックス(Equinox)」のニキ・リオンダキスCEOは定期的に朝ヨガを行っている。リオンダキスは「精神的に健康で強くなるには、身体的な健康と強差が必要なことを、私はいつも理解していた。これらは全てつながっている」と語っています。

2,目覚まし時計を使わない

Amazon創業者のジェフ・ベゾス会長もインタビューで「早寝早起きして、朝はのんびり動き回るのが好き」と語っています。
毎晩必ず8時間の睡眠を取るようにしていて、目覚まし時計を使わず自然に目を覚ますことを強く支持しています。

アリアナ・ハフィントンもまた同じ習慣をもっています。米国立睡眠財団(NSF)によると、ハフィントンは早めに就寝しているため、大半の成人に推奨される8時間の睡眠を取ることができ、目覚まし時計なしで自然に起床できるようになるそうです。

ハフィントンは「『アラーム』という言葉の定義を考えてみてほしい」と語っています。
「危険を察知したことで引き起こされる突然の恐怖、あるいは不安だ」と続けた。このような衝撃的な方法で1日を始めると、体が危険に備えるためストレスホルモンやアドレナリンが多く放出される。これは、1日を開始する最善の方法ではない。

3,初めにコーヒーを飲まない

朝一番にコーヒーを飲むことは論理的な習慣にみえますが、健康の専門家は水の方がよいと述べています。水を飲まずに数時間たっているため、朝一番に水を1杯飲めば体に水分補給ができ、消化や代謝を助けることができるからです。

水は人間が生きていくうえで欠かせない栄養素で、体の臓器や組織の機能を左右します。 体は水を定期的に失っているため、脱水症状を避けるためにはこうして失われた分を補わなければなりません。

女優で作家のキャメロン・ディアスはインタビューで「多くのエネルギーを持った状態で1日を始めることが非常に重要」と述べ、「私の1日は、朝起きてから歯を磨き、水を飲むことから始まる」と語っています。1杯の水を飲むことで活力を取り戻し、これから始まる1日について前向きに進んでいけます。

4,自分を見つめなおす時間を持つ

現実に起こったことを客観的に振り返り、そこから窺える自分自身を見つめることでその1日を成功させる土台ができると故スティーブ・ジョブズは述べています。

私たちは自動操縦モードで人生を過ごし、後になってから自分が価値観や目標、情熱を見失っていたことに気づくことがあまりに多い。スティーブ・ジョブズは鏡に映る自分自身に、毎朝ある基本的な質問をすることでこのシナリオを避けていました。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日する予定だったことをそれでもしたいと思うだろうか?」とジョブズは自問していました。
「その答えが「ノー」の日があまりに多く続けば、何かを変える必要があることが分かる」

つまり毎朝仕事をする気が起きない状態で目が覚めて、その気分が数カ月あるいは数年続くことがあるとしよう。この質問の答えが毎日「ノー」であれば、キャリアを変更したほうがいいだろう。

一貫した朝の習慣を持つことで、生産的な1日を送る準備ができます。それは高いレベルで成功に近づくことになるでしょう。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目