日本の平均年収ランキング2020年

転職サービス「doda(デューダ)」は12月7日、「平均年収ランキング2020」を発表しました。

2019年9月~20年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめた。その結果、2020年の全体の平均年収は409万円で、19年から1万円増加したことが分かりました。

職種別(全163職種)でみると、平均年収ランキング1位は「投資銀行業務」 年収819万円。続いて「運用(ファンドマネジャー・ディーラー)」 年収 748万円、「戦略・経営コンサルタント」 年収 724万円となりました。

上位3を「専門職」が独占。

また、19年に続きトップ10のうち半数を「金融系専門職」と「専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)」が占める結果になりました。

■職種別ランキング

■業種別ランキング

女性は全年代で増加し、50代以上の男性は10万円減

年代別でみると、20代は348万円(前年比3万円増)、30代は444万円(前年比2万円増)、40代は510万円(前年比3万円増)となった。一方、50代以上のみ前年比9万円減の613万円でした。

女性は4つの年代全てで前年よりも平均年収が増加し、男性は20代、30代、40代は増加、50代以上は10万円減という結果となりました。

■都道府県別平均年収ランキング

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目