資産1億円以上の富裕層が132万世帯に増加!

日本の富裕層についての推計調査を野村総合研究所が12月21日に発表しました。

それによると、金融資産1億円以上の「富裕層」「超富裕層」の世帯数は132.7万世帯となり、2005年以降最も多かった前回調査(17年)126.7万世帯から6万世帯増加しました。

2017年から2019年にかけて、富裕層および超富裕層の金融資産保有額は、それぞれ9.3%、15.6%増加し、両者の合計は299兆円から333兆円と11.1%増加した。こちらも、13年以降一貫して増加しており、09年の118兆円から333兆円へと約2.8倍に増加しています。

過去10年近くにわたり富裕層、超富裕層の世帯数および金融資産保有額が増加している要因は、株式など資産価格の上昇により、保有資産額が増大したことに加え、金融資産を運用している準富裕層の一部が富裕層に、富裕層の一部が超富裕層に移行したためだと、野村総研では分析しています。

ホテル、レストラン業界もこれからは 富裕層、超富裕層向けのサービスをクロスミックスで充実していけばコロナ渦関係なく生き残っていけるでしょう。

またそこにおける人材育成や給与面の改善に着手し力を入れていくべきでしょう。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン