日本・中国・韓国での「現金キャッシュレス調査」日本は現金派が主流

国際カードブランド「UnionPay」を運営する銀聯国際日本支社は8月16日に日本、中国、韓国を対象とした「現金とキャッシュレス決済に関する調査」の結果を発表しました。調査対象は日本、中国、韓国の20~60代男女計300人の消費者が対象で、各国におけるキャッシュレスの実態とその違いを調査しました。調査期間は4月30日~5月11日。

*キャッシュレス決済:クレジットカード、デビットカード、電子マネー(交通系IC、店頭でチャージして使うプリペイドを含む)、スマートフォン決済(QRコード等、以下スマホ決済)

【実店舗での支払いで現金とキャッシュレス決算をそれぞれ月にいくら使用しているか 】 という質問に対し、日本の現金使用平均額は「2万663円」で3ヵ国の中で最も現金を使用している結果となりました。中国は「2848円」韓国は「9640円」

日本は、中国の約7倍の現金を使用していることになります。

【クレジットカードやQRコード決済など、各決済手段の保有の有無 】について質問したところ、日本と韓国で最も多かったのは「クレジットカード」(日本90.0%、韓国83.0%)で中国は「スマホ決済(86.0%)」が1位となりました。

「デビットカード」の所有率を比較すると日本はわずか14.0%に対して、中国は71.0%、韓国は81.0%となり、所有率に大きなひらきがでました。

保有率が高い順に「クレジットカード」は、日本(90.0%)、韓国(83.0%)、中国(60.0%)。「電子マネー」は、日本(68.0%)、中国(54.0%)、韓国(33%)。「スマホ決済」は、中国(86.0%)、韓国(62.0%)、日本(54.0%)という結果になりました。

【どのような金額の時に、それぞれの決済方法を使用しているか 】 という質問に対し、スマホ決済の使用割合では少額決済(1000円未満)は日本が最も高く(59.2%)、「1万円以上」の使用割合では日本は1.9%、中国は34.9%となり、日本では少額決済、中国では金額に関係なくスマホ決済を使用していることが明らかとなった。

キャッシュレス化が進むことでの不安要素の第1位は、3ヵ国共通で「セキュリティが不安」と云う結果がでました。

キャッシュレス化が進むことに「不安を感じる」と回答した人へ不安要素を聞いたところ、3カ国共通して「セキュリティ(全体67.4%、日本86.1%、中国58.1%、韓国50.0%)」が最も多く、日本では約9割がセキュリティを不安視しています。

2位と3位は同率で「紛失と盗難が不安」「お金を使っている感覚がなくなりそう」(全体42.8%)となりました。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン