ゆうちょ銀行、窓口とATMの現金払込み手数料を一律「110円」値上げ

ゆうちょ銀行は来年の2022年1月17日から、窓口やATMで各種払い込みサービスにおける現金での払い込み手数料を110円値上げする。他にも窓口で預金などをする際に硬貨の場合、「51~100枚で550円」と枚数に応じた料金を新設するなど、各種サービスで値上げするよう。

公共料金の現金払い込みも110円の値上げ

窓口やATMで通常払い込みで公共料金を支払う場合、5万円未満だと通帳・キャッシュカードの口座から払い込むと30円だが、現金だと140円になる。一般・DT帳票、振替MTサービス、公庫なども現金による払い込みは110円の値上げとなる。

通常払い込みの現金払込みは110円の値上げ

通常払い込みの他、電信払い込みやゆうちょPay-easy(ペイジー)サービスの現金払い込みも110円の値上げとなる。

硬貨や紙幣は枚数に応じて料金がかかる

他にも、硬貨取扱料金を新設。預け入れや払い込みで窓口に硬貨を持ち込む場合、1~50枚で無料だが、51~100枚で550円、101~500枚で825円、501~1000枚で1100円と、枚数に応じた料金がかかる。

金種指定料金も新設。窓口で預金の払い戻しなどで硬貨や紙幣の種類・枚数を指定する場合、合計枚数に応じて料金がかる。

さらに、各種既存サービス料金の新設や改定、ATM関連料金の新設や改定、利用時間帯の縮小、駅・ショッピングセンター、ファミリーマートに設置しているATM利用料金の有料化など、幅広いサービスで値上げを実施する。

このコンテンツはサイトメンバーに制限されています。 既存のユーザーの場合は、ログインしてください。新規ユーザーは以下で登録できます。

既存ユーザのログイン