Uberトラベルが登場、航空券・ホテル・レストランを一括予約、バスのチャーター予約事業も

ライドシェアのUberは、パンデミック後の旅行需要の高まりを見据えて、新たに「Uber Travel」を立ち上げた。ユーザーは、Gmailアカウントを登録すると、フライト、ホテル、レストランなどの予約をワンストップで行うことができます。

また、Uber Travelでライドシェアを予約するとUber Cashで10%をキャッシュバックする。これは、前払いで予約する必要があるため、新たなサービスとして提供する。

Uber Travelは、まず米国でサービスを開始。今後、数週間以内にカナダでも利用可能になる。その後、今夏から英国でもサービスを開始し、電車、バス、レンタカーの予約も可能にする計画です。

また、Uberはグループ向けに「Uber Charter」も立ち上げた。これは、Uberアプリで直接バス、バン、コーチバスなど予約できるもの。Uberでは、結婚式やイベント、あるいはバスをチャーターしてのパーティなどでの利用を想定している。このサービスは今夏に米国から開始されます。

このほか、環境に配慮した電気自動車の導入も加速させる。昨年、レンタカー大手のハーツと提携。2023年までにドライバーに対して5万台のテスラをレンタルすることを明らかにしている。Uberは2040年までのライドシェアでの二酸化炭素排出ゼロを公約として掲げています。